【初心者向け】メンズエステ講座~オイル紹介

メンズエステで利用されるオイル

メンズエステでは基本的にオイルによる距離感の近い施術が行われている。

 

初心な手つきからプロフェッショナルな手つきまで、様々なセラピストさんの色を感じられる指圧や解しを楽しんだら

メンズエステの醍醐味とも言えるオイルトリートメントが開始される。

 

ここでメンズエステで使用されるオイルの種類についても軽く触れておこう。

 

お店によって、セラピストさんによって使用するオイルが違うため、一概にコレというのはないが、

代表的な3つのオイルについて説明しよう。

 

メンズエステ店で使用されるオイルは大きくわけて3種類!

  • ノイル
  • 水性オイル
  • オーガニックオイル

担当するセラピストさんによってはベビーオイルや

拘りのオイルを使用する方もいるが、

基本的にはこの3種類のオイルを用意しているお店が多い。

 

それぞれのオイルの違いを説明しよう。

ノイル

施術を受けた感じは通常のオイルと変わりないのだが、
オイル成分が一滴も入っていないノンオイルのマッサージリキッドである。

 

ノイルには多少の重みがあり、トロトロとして伸びがいいのが特徴!

肌が弱い方もオイル荒れしにくいため、最近導入している店舗も多い。

 

オイルに比べ滑りにくいため、トリートメントや指圧もツボにはまりやすく

マッサージの恩恵を受けやすい。

 

オイルとは違い水溶性タイプなので、施術後のシャワーでの落ちも早く、

美容成分を沢山含んでいるため、感触はオイルに近く、しかし美容液に近いリキッドなのだ。

水性オイル

水性オイルとはエッセンシャルオイルと界面活性剤を混ぜたものである。

100%オイルではないため、ボディーソープ無しでも簡単に落とせるのが特徴だ。

 

ベタつきが少ない分、伸びは他の種類に比べて少ないため、

比較的たっぷりと使う店舗も多いように感じる。

 

全てのオイルに言えることだが、特定のオイルで肌荒れしてしまうというセラピストさんやお客様もいるため、

ノイルと水溶性オイル、どちらも取り揃えているというお店も最近では増えているようだ。

オーガニックオイル

ひとまとめにオーガニックオイルと言ってもいくつか種類がある。

オリーブ、ホホバ、スクワラン…etc

ホホバオイルは高い保湿効果
スクワランオイルは高い浸透性

などなど様々な効果、効能が得られる100%天然成分のオイルを利用している店舗もある。

オーガニックオイルを利用しているお店はこだわったコンセプト、こだわった施術のお店が多く、
豊富な知識、高い技術力を持ったセラピストさんが多く在籍している気がする。

  • ラベンダー
  • イランイラン
  • グレープフルーツ

といった香り付きのオイルを選択できるお店はオーガニックオイルを利用していると思っていいだろう。

シャワーで落ちにくいため、首元や足裏など、洗い残ししやすい場所に残るとベタつきが気になるため、しっかり洗い流そう。

※効果があるかもしれないからといって残していると、肌荒れしてしまう心配もありまっすw

おすすめの記事