【初心者向け】メンズエステ講座~ルーム形状紹介

メンズエステのルーム形状

メンズエステに足を運ぶうえで、ルームの形状を気にする方も多いのではないだろうか。

 

メンズエステは主要地域では数多の店舗数を誇る人気カルチャーとなっているが、

お部屋の形状とそれに合った楽しみ方を知ることで2倍、3倍に楽しむことができるはずだ。

 

ルーム形状によって大きくサービス内容、施術内容が変わるということはないが、

自分に合ったタイプのお店を探しておくことで精神的にも開放的になれるものなのだ。

 

ルーム形状は大きく分けて5種類!

  1. 店舗型(完全個室)
  2. 店舗型(開放型)
  3. マンション(ワンルーム)
  4. マンション(2DLK以上)
  5. 出張型

    この形状についてもう少し詳しく説明していこう。

    店舗型(完全個室)

    受付有り

    受付
    提供元Aroma Eight 秋葉原店
    待合
    提供元Aroma Eight 秋葉原店
    ルーム
    提供元Aroma Eight 秋葉原店

     

    店舗型というだけあって男性スタッフまたは女性スタッフによる受付のあるメンズエステ店である。

     

    システム説明から料金のお支払いまで店舗スタッフさんが対応してくれるため、

    メンズエステ初心者にも利用しやすい形状となっている。

     

    店内に複数のお部屋が併設されているが、それぞれの部屋が完全に仕切られた個室タイプ。

    最近では部屋の作り込みもされているお店が多く、音漏れ対策をしている場合もある。

     

    シャワールームは店舗によって様々ではあるが、

    バスタブなしでシャワーのみの設備となっているお店が大多数を占めている。

     

    部屋の広さはワンルームタイプと比べると劣るが、店舗スタッフが常駐しているという安心感と

    在籍セラピストの多さから足を運ぶ方も多い。

     

    余談ではあるが、店舗型のお店はメンズエステ歴の長いガッツリ濃厚セラピストさんから

    メンズエステ初挑戦の新人さんまで様々な経歴のセラピストさんが集まりやすく、

    それもお客さんを惹きつける要素なのではないかと思っている。

    店舗型(開放型)

    受付有り

    受付自体は完全個室型も開放型も変わらず、スタッフさんが懇切丁寧に対応してくれる。

     

    一番の違いはお部屋の仕切り方である。

    開放型はお部屋の上部が空いているタイプ、カーテンで仕切られているタイプなど

    お店によって様々ではあるが、隣の話し声、または自分の話し声が隣に漏れてしまう場合がある。

     

    そのため完全プライベートで楽しみたいという方は敬遠してしまうかもしれないが、

    話し声が気にならない。むしろ色々話して楽しみたいという方にはオススメのルーム形状である。

     

    音漏れの心配もあるため、会話が無くとも楽しむことができるため

    むしろ超濃厚な施術を楽しむこともできたり・・・!?

    マンション(ワンルーム)

    受付無し

    訪問し、扉が開いた瞬間からセラピストさんとの2人きりの時間が始まるワンルームタイプ!

    これがある意味ではメンズエステ界ではもっともメジャーなルーム形状と言ってもよいだろう。

    受付自体はなく、セラピストさんからコース、オプションの説明、そしてお支払いまでを行うものである。

    店舗型と比べ音漏れの心配は一切なく、プライベート感重視にメンズエステを骨の髄まで楽しむことができる。

     

    シャワールームは通常のマンションと同様、バスタブ付きのシャワールームが多く、

    お店によっては様々なアメニティはもちろん、ドライヤーなども完備しているお店がある。

     

    店舗スタッフさんが常駐しているわけではないのでセラピストさんの警戒レベルは店舗型に比べ少々高めかも?

    そのため玄関に監視カメラ等防犯対策が施されているお店もある。

     

    とは言ってもひたすらドMに徹するお客様に対しては

    反応が楽しくなりやり過ぎてしまうセラピストさんがいるのも事実・・・♡

     

    ワンルームタイプのメンズエステ店を利用する際は出会いの瞬間から別れの瞬間まで紳士であれ!!

    マンション(2LDK以上)

    受付無し

    マンションの中に複数タイプのお部屋を施術ルームを設けているタイプのメンズエステ店である。

     

    お出迎え、受付はセラピストさんが行うため、ワンルームタイプとさほど変わりは無い。

    音漏れに関してもしっかりとした壁で区切られているため、さほど気にするほどの音漏れはしない。

     

    店舗型となると歩道に看板が出ていたり、人目を気にすることも多少はあるが、

    マンション型はごく普通のマンションの中に入っているため、入店の際に人目を気にする必要が無いのは恥ずかしがり屋の方にも助かるポイント!

    出張

    受付無し

    固定のルームを持たず、エリアに応じて宿泊中のホテル等にセラピストさんが来てくれるタイプのメンズエステ。

    受付やコース、オプション説明、料金の受け渡しはセラピストさんが行う。

     

    好きな場所で、好きな時間に利用できるというのが最大の利点であろう。

     

    出張型のメンズエステは経験の長いセラピストさんも多く在籍しており、かなり本格的な手技を体験できることもある。

    出張型では事前準備(シャワー等)の確認を事前に行っておくとスマートに施術に移ることができるので覚えておいてほしい。

     

    デリヘルを利用したことのある方なら分かるかもしれないが、オイタはご法度である。

    この部分はルームを設けているメンズエステ店よりもシビアだったりするため、あくまで紳士としての振る舞いが求められる。

    ルームタイプによるサービスの違い

    『店舗型だから控えめ』

    『ワンルームだからガッツリ』

    そう考えている方も多いかもしれないが、これ自体はセラピストさんのタイプ、受ける側の態度によるところが大きい。

     

    ドMに徹すればセラピストさんも楽しくなってしまい、ついついガッツリドSに攻め込んでしまうこともあるし、

    逆にオイタが過ぎればガッツリな子でも警戒して距離を取ってしまうことも・・・

     

    そんな残念なことにならないためにも、どんなルームタイプでも紳士であれ!

     

    そしてなにより

    ドMであれ!!(*థ౪థ)w

    おすすめの記事